第5回:金子 修介監督のワークショップ

日本の映画界に新しい戦力を!

松濤アクターズギムナジウムは、映像の世界で活躍できる俳優を本気で発掘・育成するため
日本映画注目の映画監督とともに連続ワークショップを開講していきます。

what's new

2010.04.02
第5回レポートを掲載しました。
2010.03.06
第5回「金子修介監督のワークショップ」終了しました。
2009.03.27
第4回レポートを掲載しました。
2009.03.15
第4回「熊澤尚人監督のワークショップ」終了しました。
2009.01.26
第4回「熊澤尚人監督のワークショップ」受付開始。
2009.01.13
第3回レポートを掲載しました。
2008.12.14
第3回「中原俊監督のワークショップ」終了しました。
2008.09.19
第3回「中原俊監督のワークショップ」受付開始。
2008.09.19
第2回レポートを掲載しました。
2008.08.24
第2回「本田昌広監督のワークショップ」終了しました。
2008.07.08
第2回「本田昌広監督のワークショップ」受付開始。
2008.06.21
第1回レポートを掲載しました。
2008.06.1
第1回「及川中監督のワークショップ」終了しました。
2008.05.28
第1回「及川中監督のワークショップ」応募を締め切りました。

第5回:俳優部希望者対象特別企画 12名限定の無料体験レッスン 金子修介監督のワークショップ

2010.3.7(日)

締め切りました

今回で5回目を数えるSAG連続映画監督WS。
講師は、平成のガメラシリーズや、デスノートで有名な金子修介監督です。
新人のキャスティングにも毎回話題を呼ぶ、日本を代表する映画監督です。

期日: 2010 3/7(日)
時間: 14:00〜17:00
会場:

松濤アクターズギムナジウム

杉並区上荻2-4-12(JR荻窪駅徒歩7分)
アクセスマップ

対象: 15歳〜35歳
定員: 12名
費用: 無料

※ 廣木 隆一監督のWSは諸事情により中止になりました。ご了承ください。

※ 定員に達した場合、締め切らせていただきます。

※ すでにプロダクション等に所属され、当養成所への入所を志望されない方で熊沢監督のWSをご希望の方はSAG事務局までお電話にてお問合せください(03-5310-3535)。

お申し込み方法

  1. 申し込みページより必要事項を入力の上お申し込みください。
  2. 申込確認後、参加要項をご連絡いたします。
参加申込

携帯サイトからもお申し込みができます。
http://actorschool.jp/k/


お問い合わせ

ご不明な点は下記へお問い合わせください。
松濤アクターズギムナジウム『お問い合わせ』

金子 修介

Shusuke Kaneko

プロフィール:

1955年6月8日東京都渋谷区初台生まれ。渋谷区立幡代小学校、三鷹市立第四中学校、都立三鷹高校を経て、78年、東京学芸大学卒業、助監督として日活入社。84年「宇野鴻一郎の濡れて打つ」にて監督デビュー。84年ヨコハマ映画祭新人監督賞を受賞。85年6月にっかつ(80年社名変更、現在は日活)退社。88年ヨコハマ映画祭監督賞、熊本映画祭監督賞を受賞 95年ブルーリボン賞監督賞、ヨコハマ映画祭監督賞を受賞。97年第17回日本SF大賞受賞。日本デザイン賞受賞
現在の日本映画界を牽引する、代表監督の1人である。

代表作品:

  • 「平成ガメラ」シリーズ
  • 『ガメラ 大怪獣空中決戦』他
  • 『デスノート』
  • 『クロスファイア』
  • 『あずみ2 Death or Love』
  • 『プライド』

連続ワークショップ:開催予定の監督ラインナップ

全5回開講!! SAGワークショップ開催監督

金子 修介 監督

プロフィール:

1955年6月8日東京都渋谷区初台生まれ。78年、東京学芸大学卒業、助監督として日活入社。84年「宇野鴻一郎の濡れて打つ」にて監督デビュー。84年ヨコハマ映画祭新人監督賞を受賞。85年6月にっかつ(80年社名変更、現在は日活)退社。88年ヨコハマ映画祭監督賞、熊本映画祭監督賞を受賞 95年ブルーリボン賞監督賞、ヨコハマ映画祭監督賞を受賞。97年第17回日本SF大賞受賞。日本デザイン賞受賞
現在の日本映画界を牽引する、代表監督の1人である。

代表作品:

「平成ガメラ」シリーズ
『ガメラ 大怪獣空中決戦』他
『デスノート』
『クロスファイア』
『あずみ2 Death or Love』
『プライド』


熊澤 尚人 監督

『DIVE!!』6月14日 全国公開 http://www.dive-movie.jp

『雨の翼』6月18日 DVD発売 http://www.emimusic.jp/amenotsubasa/

プロフィール:

名古屋市出身。ポニーキャニオンで『スワロウテイル』『リング』 等のプロデュースに携わる傍ら、自主映画の監督で94年『り べらる』がPFFに入選。退社後、04年『Tokyo Noir』でポル ト国際映画祭最優秀監督賞を受賞。

代表作品:

『虹の女神 〜Rainbow Song〜』
『親指さがし』
『ニライカナイからの手紙』
『雨の翼』


中原 俊 監督

『櫻の園-さくらのその-』11月8日全国ロードショーsakuranosono-movie.jp

プロフィール:

1951年鹿児島県出身。76年、日活に入社。82年『犯され志願』で監督デビュー。同策で、第4回ヨコハマ映画祭新人監督賞を受賞する。85年に日活退社。以降幅広いジャンルの作品を手掛ける。今年は他に晩夏に『落語娘』、冬に『魔法遣いに大切なこと』が公開予定。90年に監督した前作『櫻の園』は、第14回日本アカデミー賞最優秀映画賞、優秀監督賞をはじめ、その年の主な映画賞を独占。今回は、前作をなぞることなく、新しい『櫻の園-さくらのその-』(主演:福田沙紀)を作り出すことに挑戦した。

代表作品:

『ボクの女に手を出すな』(1986年)
『櫻の園』(1990年)
『12人の優しい日本人』(1991年)
『コキーユ〜貝殻〜』(1999年)
『富江 最終章 禁断の果実』(2002年)


本田 昌広 監督

『スイッチ!』5月30日DVD発売/レンタル開始 http://tan-pen.jp

プロフィール:

1980年、電通映画社(現・電通テック)CM演出部入社。TVCMの企画演出をベースに映像制作をスタート。1985年に退社後、フリーランスとして500本以上のCM制作を経験。「サントリー・リザーブ友の会・本木雅弘」「NTTdocomo・iモード・広末涼子」「講談社・KING・瑛太」「ネスカフェ匠・伊東美咲」「JOMO・企業・竹内結子」などドラマ性の強い作品が多い。 映画監督作品は「バカヤロー2」「良いおっぱい悪いおっぱい」「四姉妹物語」「クリックシネマ・好き」「ハヴァ、ナイスデー」など。 1999年、株式会社パノラマ設立。2006年、映像配信サイト短篇jpの企画運営を開始。映像コンテンツ・プロデューサーでもあり、この3年間で制作したショートフィルムは40話となった。

代表作品:

『バカヤロー2』
『良いおっぱい悪いおっぱい』
『クリックシネマ・好き』
『ハヴァ、ナイスデー』


及川 中 監督

映画「ひぐらしのなく頃に」5月10日より全国ロードショー http://www.higurashi-movie.com/

プロフィール:

1957年東京生まれ。平凡出版(現マガジンハウス)編集者を経て、90年『オクトパスアーミー 〜シブヤで会いたい』で監督ビュー。98年の『富江』は新宿ジョイシネマのレイトショーで異例のロングランとなった。『ひぐらしのなく頃に』は、コミケ発の同人サウンド・ノベルゲームの実写版として話題の作品で、2008年5月10日公開。

代表作品:

『日本製少年』(1995)
『富江』(1999年)
『ラヴァーズ・キス』(2002年)
『吉祥天女』(2006年)
『1303号室』(2007年)